8/7(金)妊娠13週1日 お昼ご飯 ジェネベーゼパスタ

8/7(金)妊娠13週1日 お昼ご飯 ジェネベーゼパスタ

昨晩テレビを見ていると、餃子の特集が放送されていた。

食い入るように眺めていると、満場一致で今日の夕ご飯が「餃子」に決まった。

  

タイミングよく、今日の妻は午後休になっている。

「帰りがけに、餃子の材料買ってくるね」

その時点で、僕の頭の中は餃子で一杯になった。

 

ただ、一つ気がかりな事は、生肉の存在である。

つわりはいくらか楽になったとはいえ、その匂いや感覚で妻の体調が崩される可能性もある。

「ちょっとだけなら大丈夫だよ」と妻は言うが、心配は拭えない。

かと言って僕も仕事からは手が離せない。

 

しかし、僕たちの心は「餃子」で固まっている。

 

餃子に支配された僕たちは「タネは妻に作ってもらって、食べる直前に二人で包む」という折衷案にたどり着いた。

 

 

その前に、お昼ご飯。

そう言ってしまうとおまけのように感じてしまうが、このジェノベーゼパスタは今日の主役と言っても過言ではないほどの美しさを放っている。

最後にトマトソースを乗せるセンスは、さすが妻と言わざるを得ない。

妻と二人で手を合わせ、パスタをすする。

 

「うめぇ………」

 

コクがあるジェノベーゼソースがパスタに絡み、おうちごはんとは思えないほどの品のある美味しさがそこにはあった。

そして何を隠そう、このジェノベーゼソースは妻の手作りである。

福島県産のバジルを巧みに使い、香り豊かなソースを作り上げる妻の手腕には、相変わらず驚かされるばかりである。

 

感動を覚えながら食べ進めていると、あることに気がつく。

妻よりも倍近く量はあるはずなのに、終わりが近いのは僕の方だ。 

 

「早く食べすぎ」

 

妻はそう言うが、こんなに美味しいものを作る方にも責任がある。

美味しくなければ、僕だって渋い顔をしながらゆっくり食べる。

ただ如何せん、美味しいのだ。

この味を知ってしまったのなら、ペース配分することなど不可能に近い。

 

大満足のお昼ご飯だったが、この先には「餃子」が待ち構えている。

どんな甘美な美味しさが待っているのか。末恐ろしくもあるが、楽しみで仕方ない。

 

僕の頭の中は、「餃子」と「某ビールのCMの歌」で一杯だ。

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

 

・まとめの一言

美味しかった。