8/5(水)妊娠12週6日 お昼ご飯 海苔弁

8/5(水)妊娠12週6日 お昼ご飯 海苔弁

明日、妊娠13週目に突入する妻。

調べてみると、妊娠13週はつわりのピークを越えて、症状が軽くなるとのこと。

少しの安堵を覚えるが、安定期に向けてより一層、 気を引き締めなければならない。

 

そのようなことを言いながらも、昨晩は妻特製のカフェオレを味わいながら「家族になろうよ」を聴いていた僕。

妻の手を煩わせてしまい申し訳ないが、なにせこのカフェオレが美味しいのなんの。

写真を撮り忘れるほどの美味は、疲れた体に癒しを与えてくれる。

 

ここでふと思う。

 

「僕は今、生まれてきてから何週目なのだろうか」

 

思い立ったが吉日とばかりに「三十歳 何週目」と調べたところ、おあつらえ向きのサイトが見つかった。

そのサイトは自分の生年月日を入れると、生まれてきてからの日数や週数があっという間に分かるというのだ。

早速入力し計算すると「1579週」と表示されていた。

日数でいうと「11053日」。

 

途方もない数字に驚きつつも、思った事はただ一つ。

 

「ピンと来ない」

 

記念すべき「1579週と1日目」のお昼ご飯は、海苔弁。

最近、妻と僕の間ではこの海苔弁の株が急上昇している。

毎打席しっかりと結果を残してきた海苔弁に、今日も期待を抱く。

「よろしく頼むよ」

そう小さく呟きながら、海苔弁を口に運ぶ。

 

「美味しい………」

 

海苔段々スタイルの中に、ナイスアクセントとして効いているのが塩昆布。

これが海苔や醤油との相性も良く、何度食べても抜群の美味しさを誇る。

 

さらには海苔の香り豊かな風味が漂うことによって、一種の爽やかさも感じることが出来る。

 

ここにウインナーやたまご焼きが加わるとなれば、死角はない。

 

特にケチャップで味付けされたウインナーを食べた後に喰らいつく海苔弁の美味たるや、おうちで食べるお昼ご飯とは思えないほど大きなものだった。

その想いはハッキリと声に出る。

 

「これ本当美味しいわ…」 

 

一人でぶつくさ言いながら食べる姿は美しいものではないだろうが、この海苔弁を前にしたら恥も外聞も無くなってしまう。

前日は、妻飯のエース ガパオライスが躍動したが、今年のMVP争いは去年を上回るほど激しい戦いになるかもしれない。

少し気は早いが、年末に向けて盛り上がる妻飯戦線から、目が離せなくなる事は間違いないだろう。

 

ちなみに今年の12月31日の僕は「1600週と2日」になるそうです。

 

うーん。

ピンと来ない。

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。