8/4(火)妊娠12週5日 お昼ご飯 ガパオライス

8/4(火)妊娠12週5日 お昼ご飯 ガパオライス

妊娠すると情緒が不安定になることもあるらしく、妻も以前とは違う機微に戸惑うことも増えているとのこと。

その変化に寄り添って支えることが夫の役目だと思うのだが、何を隠そう、僕も最近情緒不安定なのだ。

  

胸を張って言えることではないが、感情の大きな揺れ動きを感じることが多々ある。

その最たる例として挙げられるのが、「家族になろうよ」である。

 

最近、福山雅治さんの名曲「家族になろうよ」がいつ何時も聴きたくてしょうがない。

そして聴く度に、涙を流す。

これを何回も繰り替えしている。

 

何度も聴いても初聴のようなリアクションで「良い曲だわ…」と呟き、涙腺を崩す。

 

はたから見れば、病院通いを勧めたくなるような症状にも見えるが、僕の姿が妻の励みになるかもしれない。

窮地に追い込まれた時、自分以上に焦っている人を見ると心が少し落ち着くように、妻の心が不安定になったら「家族になろうよ」を聴いている僕を見て欲しい。

 

「あっ。私よりヤバい人がいる」と思ってくれたら、幸いである。 

 

 

幸いか?

 

僕の心を落ち着かせてくれるのは、やっぱりガパオライス。

ちなみに今日はまな板に収まらなかったので、台拭きを活用しました。

一ヶ月弱振りの再会を祝うように、ガパオに喰らいつく。

 

「うめぇ………」 

 

僕の心と反比例するような安定感のある美味しさ。

「やっぱりガパオは美味しいなぁ…」としみじみ実感していると、あることを思い出す。

 

「ガパオとお別れしてなかったっけ?」

 

前回、生肉の匂いを懸念し、当面の間ガパオの自粛を決めていたのだが、ここであっさり再登場。

妻に詳細を確認すると「軽く息止めたら大丈夫だった」とのこと。

  

つわり対策法を自ら考案し、また新たにガパオを提供してくれた妻。

その姿勢には、尊敬と謝意の気持ちを抱かずにはいられない。

 

妊娠中であろうと、妻のご飯道はさらなる高みを追い求めている。

 

今のままでも充分すぎるほどのスキルと情熱を持っている妻だが、来年には母になる。

母になった妻の進化は、今よりもっと凄まじいものになるだろう。

僕はその進化についていけるよう、しっかりと精進していかなければならない。

 

その道中、どれだけ深く信じあっても、分からないこともあるかもしれない。

明日のわたしはそれほど変われないかもしれない。

ただ、一歩ずつ与えられる人から与える人へ変わってゆけたなら…。

 

 

やっぱり良い曲だわ…。

 

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

 

・まとめの一言

美味しかった。