7/18(土)妊娠10週4日 お昼ご飯 海苔弁【夫飯】

7/18(土)妊娠10週4日 お昼ご飯 海苔弁【夫飯】

今朝、事件が発生した。

 

雨音で目を覚ました僕が時計を見ると、妻が家を出発する十分前だった。

「あっ、今日は日曜か…」と一瞬現実逃避した後、「違う違う違う土曜土曜土曜!」と急いで妻を起こす。

かくかくしかじかと説明し、現状を把握した妻は瞬く間に準備を済ます。

その早さに驚きながら駅まで向かうと、無事にいつもの電車に乗ることが出来た。

 

妻を見送った後、一息ついて家に戻る。

そこで考えたのは、何故このような出来事が発生したのか。

 

まず、いつもは妻が目覚ましを設定しているのだが、今日はそれが解除になっていたそうだ。

しかし、これまでもアラームの解除は稀にあったが、妻は何事もなく通常通りに起床していた。

起床時間を超えて眠る妻の姿など、これまで一度も見たことはなかった。

 

間違いなく「妊娠」というものが、妻の体に変化を与えている。

 

調べてみると、妊娠中に不眠になる方もいるそうで、妊娠と睡眠については人それぞれ違いがあるようだ。

現状の妻は「寝るのが早い」「よく眠る」といった状態なので、ひとまず一安心と言える。

 

今後の対策として、妻に行なってもらうことは何もない。

しっかり寝て、充実した睡眠を取ってもらおう。

 

僕に言えることは、ただ一つ。

 

「お前もアラーム設定しろや」

 

これまで起床関係を妻ちゃんに任せっきりにしてすみませんでした…。

 

そんなこんなでお昼がやってきた。

適当に済ませようかと思ったが、この機会に「お弁当を作る」ことに決めた。

昨晩妻は「明日は海苔弁にしようかな」と言っていたので、メニューはそのまま盗作。

おかずには、昨日焼いた鮭と冷凍庫には白身魚のフライもある。

レシピを見る限り、海苔弁も難しくなさそうだ。

これでは張り合いがない。

 

他のおかずを考えた時、すぐに出てきたのは「たまご焼き」。

妻が作ってくれるお弁当には欠かせない逸品を、生まれて初めて作ってみよう。

 

そうと決まればレシピを調べて、調理に入る。

正直、レシピ通りにやればできるだろうと高をくくっていたが、出汁巻きなだけに、そんなに甘くはなかった。

 

火加減も難しく、何よりひっくり返すのに時間がかかってしまう。

そうこうしている内に固まっていくたまご。

なんとか出来上がったが、直視できない現実が待っていた。

なんか汚い。

いや、まだ決めつけるのは早い。

側面を見てみよう。

確実に何か嫌なことがあった、たまご焼きだ。

それもそうだろう。

いつもは妻が手際よく美味しく作ってくれるのに、今日は見知らぬ中年がわちゃわちゃとやっているのだから。

養鶏場に陳謝しながらたまご焼きを切り、他のおかずやご飯をお弁当に詰めて完成。

  

 

全体的に味は問題なかったが、一つ分かったことは「お弁当作り、めっちゃ大変…」である。

様々な作業を同時進行し、尚且つクオリティを求められる。

こんな事を毎朝、妻や母はやっていたのかと思うと、ますます頭は上がらない。

 

朝のハプニングは、たくさんの発見や感謝を教えてくれた。

なんやかんやで実りのあった土曜日を、妻が帰ってきたらゆっくりと振り返りながら語り合いたい。

そして明日は日曜日。語らいあった後は、アラームをかけずに寝ることにしよう。

 

妻に感謝し、完食。お疲れさまでした。

・まとめの一言

本当焦ったね。