7/13(月)妊娠9週6日 お昼ご飯 ガパオライス 

7/13(月)妊娠9週6日 お昼ご飯 ガパオライス 

身重の妻に「お弁当は無理しないでいいからね」と伝えたが、返ってきたのは「作れるから大丈夫だよ」との答え。

とてもありがたいが、やはり心配である。

  

これまでつわりは軽い妻だったが、先日ワンタンを作っていた時にその症状はやってきた。

「気持ち悪くなっちゃった」と言い、横になる妻。

どうやらタネを仕込んでいる最中、豚ひき肉の匂いにやられてしまったらしい。

僕は試しにタネを嗅いでみると、ほぼ無臭に近い状態だった。

妻の嗅覚は驚くほど敏感かつ繊細になっているのだろう。僕の鈍感な鼻と取り替えてあげたいと願うが、それはそれで鼻の標高が下がってしまうので考えものである。

  

そして今日、妻はガパオライスを作ってくれた。

体調を確認すると、「少し気持ち悪くなったけど、大丈夫だった」と明るい表情を浮かべていた。

確かに見る限りでは、辛そうではない。

ただ今後はどうなるか分からない。

 

生肉との別れを検討する必要があるのかもしれない。

それ即ち、ガパオライスとの別れになる。

 

別れと言えば、いつも使っている青い皿が割れた。

またそのタイミングも悪く、一昨日の健診前に割れるという絵に描いたような不吉な予感。

しかし、それを乗り切って元気な姿を見せてくれた胎児ちゃんは、現段階で既に僕よりも逆境に強そうだ。

二人分の想いがこもったガパオライスを口に運ぶ。

 

「美味しい………」

 

だが、脳裏に浮かぶのは、豚ひき肉にノックアウトされた妻の姿。

ガパオは鶏ひき肉なので少しは違うかもしれないが、今朝、妻の体調に影響を及ぼしたのは紛れもない事実である。

 

調べてみると、やはり生のひき肉の匂いでつわりが悪化した妊婦さんは多くいらっしゃるようだ。

またTwitterでは「シューマイを食べた旦那さんの息で気持ち悪くなってしまった」との情報も頂いた。

匂いにはより一層気をつけなくてはならない。

ガパオとはしばしのお別れになるかもしれないが、また会う日を楽しみに、最後までゆっくり味わおう。

 

 

しかし、さらに調査を進めると、驚愕の体験談を発見した。

 

「妊娠中、旦那の匂いに耐えられなくなった」

  

ガパオだけでなく、僕も…?

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。