7/5(日)お昼ご飯 海老炒飯

7/5(日)お昼ご飯 海老炒飯

昨晩、妻が焼きそばパンとドーナツを買った。

それは今日の朝食用とのことだが、その際に興味深い事を言っていた。

 

「明日の朝に楽しみがあると、ワクワクしながら起きられるね」

 

その言葉は何故か、とても腑に落ちた一言だった。

朝起きる事は当たり前で、そこに良いも悪いもないと思っていた。

しかし、「明日の朝ご飯は焼きそばパンとドーナツ」という事実のおかげで、寝る前も、起きた後も気分は軽やかになれる。

 

外は今日も雨模様だが、焼きそばパンとドーナツが並べられた食卓には、虹がかかっているように見えた。

そんな朝ご飯から始まった休日だ。

良い日にならない訳が無い。

  

海老炒飯。

なんて攻撃力の高い四文字だ。

拳を鳴らし、ノーガードのまま喰らいつく。

 

「うめぇ………」

 

妻の得意技「焦がし醤油」が今日も活きる。

パラパラのご飯に染みたその味付けは、奥深いコクと共に美味しさを届けてくれる。

「ガツガツ」と聞こえてくるような勢いで炒飯を貪る。

 

そして今回は、たまごを二個も使用しているとのこと。

それにより生まれたまろやかさは、ひとときのオアシスと呼べるだろう。

 

忘れてはいけないのが、海老。

「プリプリ」と聞こえてくるような食感は、妻も僕も口角が上がる。

その味に魅了された僕は、こっそり海老だけを口に運ぶと、それはもう溜め息を漏らさずにはいられなかった。

 

海老炒飯だけでも文句のつけようのないお昼ご飯。

欲張りな僕はここに、カップのサンマーメンも投入。

 

海老炒飯とサンマーメン。

 

この組み合わせについて、もはや説明は不要だろう。

どう考えてもカロリーオーバーだが、その輝きには抗えない。

日曜日くらいは食べたいものを食べようではないか。

 

焼きそばパン、ドーナツ、グミ、ポップコーン、海老炒飯、サンマーメン…。

 

さ、さすがに食べ過ぎかな…?

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。