6/14(日)お昼ご飯 そば

6/14(日)お昼ご飯 そば

妻が髪を切った。

今までの僕だったら、「大成功だよ!」や「本当似合ってるよ!」と手放しで褒めていただろう。

しかし、僕はもう三十歳だ。立派な大人だ。

妻だからといって、ひいき目に見ることなく、厳しい目でその仕上がりを評価したい。

 

大大大成功です。

 

セミロングからショートボブへの見事なコンバート。

どこからどう見ても、「大成功だよ!」や「本当似合ってるよ!」と手放しで褒めざるを得ない。

 

外は雨模様だが、そばに妻がいてくれるだけで、我が家には陽が差し込み続けていた。

 

そばが食べたいという僕のリクエストに、妻は完璧に応えてくれた。

生卵を落としてくれるだけでも万々歳なのに、かまぼこと小松菜を添えてくれるショートボブ子さん。

「髪型だけじゃなく、トッピングも大成功でやんすな!」と三下発言が飛び出しかけたが、グッと堪えてそばを啜る。

 

「美味しい………」

 

思い描いていた以上の味が、そこにはあった。

喉ごしの良いそばに、お出汁の効いたスープ。

少し胃がもたれていた日曜の午後にはピッタリの逸品だ。

 

当初、僕はざるそばを検討していた。

しかし、妻の「温かい方がいいんじゃない?」という鶴の一声で方向転換。

結果的には大成功。

ざるそばに申し訳ないが、もう少し汗ばむようになったらまた会おう。

 

かまぼこと小松菜は、箸休めと呼ぶには勿体無いほどの美味しさと存在感。

この二つを選んだ、ハーフアップ子さん。さすがです。

 

最後には生卵を割って、そばと絡ませて啜れば、胃も心も大満足。

スープまで飲み切れば、今日のお昼も大成功だ。

 

ショートボブがキラリと光る妻を見た後、己の姿を鏡で確認する。

寝癖がボンバイエになり、シルエットだけ見ればアフロのように盛り上がっていた。

 

妻さんすみません…。そろそろカットをお願いしてもよいでしょうか…?

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。