妻のおうち時間〜手芸②〜

妻のおうち時間〜手芸②〜

手芸に目覚めた妻は、初めて出来たそれを僕の実家へ贈った。

母と祖母はとても喜び、「玄関に飾ろうと思っている」との喜ばしいプランも提示してくれた。

それに加えて、妻に対して大きく感心していた。

「こんなに早く出来るなんてすごいね。前からやっていたの?」

以前も書いた通り、妻には長いブランクがあった。

しかし、持って生まれた器用さがそのブランクを埋めてくれたのだろう。

そうなると、妻は止まらない。

妻のお姉さん家族用に編んだヘアバンド。

元々、妻が自分で使っていたヘアバンドも市販の物ではあるが、手編みだった。

「これを自分で作れたら凄いよね」

なんて話していたのは、ついこの間。

破竹の勢いでヘアバンドを生産し続けている。

 

僕の友人、S君の奥様と娘ちゃんへのヘアバンドも完成。

花柄に編んでいるそれも、アスタリスク模様のそれも、手編みのそれとは思えない。

これからの人生、僕がどう歩んでも辿り着けない領域だろう。

  

「喜んでくれるといいなぁ」

 

妻はいつでも、みんなに喜んでもらう為に日々模索し実行している。

その姿はヘアバンドならぬエアーバンド ゴールデンボンバーのようであった。

 

 

つ、繋がったー!→「1/22(水)お昼ご飯 天丼

 

妻に感謝し、ヘアバンドをまじまじと見る。本当すごいね。

・まとめの一言

本当すごいね。