4/19(日)お昼ご飯 ぶっかけそば

4/19(日)お昼ご飯 ぶっかけそば

お誕生日会から一夜明けた今日。

その余韻に浸る間もなく、妻が動き始めた。

ソファーを動かし、カーペットをラグに変更。

そう、お部屋の模様替えだ。

  

「あなたが在宅勤務でも、気分転換できるように」

 

その気持ちが何よりも嬉しい。

僕も微力ながら模様替えに協力。

 

そうなってくると、お互いに「掃除」モードへ突入。

部屋の隅。お風呂場のパッキン。窓。

普段やらない部分も徹底的に清潔に。

妻が始めた模様替えが好循環となり、家中が変貌を遂げていく。

 

全てを終え、リニューアルされた我が家の一発目のお昼ご飯は…。

もしこれが「ぶっかけうどん」だったら、なんか違う。

今日は「ぶっかけそば」が、正解だ。

「模様替え後はうどん食わすな」という言葉があるように、やはり妻は正解を導き出す。

めんつゆをかけて、全てを混ぜ、豪快にすする。

 

「うめぇ………」

 

春の日差しが差し込む暖かい昼下がりに、冷たいそばが効いてくる。

そのそばと一緒に雪崩れ込んでくるのは、オクラ、納豆、卵というスタミナ軍団。

この面々が粘りと旨味を創りだし、模様替えで疲れた体にエネルギーを補給させる。

  

こっそり入れたわさびも、要所要所で輝きを放ち、食欲を促進させる。

ここには写っていないが、味変で登場したキムチもナイスアクセント。

  

様々な食材が活躍を見せるが、今回のMVPは大葉だ。

 

細かく刻んだ大葉が、どこからすすっても現れる。

そしてその奥ゆかしい香りが、全食材と見事にマッチ。

誰とコラボレーションしても、互いの価値を向上させる。

大葉は、お料理界の東京スカパラダイスオーケストラと言える。

 

美味しいぶっかけそばを食べきってしまったら、この後の予定は何もないが、妻ならまた新しい何か生み出してくれるだろう。

  

 

ここで訂正です。

先ほどの「模様替え後はうどん食わすな」という発言ですが、そんな言葉はございませんでした。

訂正してお詫びいたします。

 

妻に感謝し、完食、ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。