3/29(日)夕ご飯 ハンバーグ

3/29(日)夕ご飯 ハンバーグ

家で過ごさざるを得ない日曜日。

どうせなら楽しく過ごそうと、二人で遊べるアプリを探したところ、「イントロドン」が目に入った。

ひとまずやってみようかと、軽い気持ちでダウンロード。

 

三時間やり続けました。

 

さまざまな年代やジャンルでのクイズがあり、それはそれは大盛り上がり。

特に、お互いが分かった瞬間のピンポンの取り合いを制した時の気持ち良さたるや。

 

そして後半は何故か、正解したらその曲を歌って良いという特別制度が導入。

サザンオールスターズの「涙のキッス」を奪われた時のショック、B’zの「兵、走る」を奪取した時の喜び。

  

イントロドン、最高です。

 

あっという間に陽は落ちて、夕ご飯の時間がやってきた。 

昨日の段階から、今日はハンバーグということは決まっていた。

その時点で今日という日は成功が約束されていた。

ハッピーエンドの映画をもう一度見るような感覚だ。

そんな幸せの権化、ハンバーグを口に運ぶ。

 

「美味しい……………」

 

ジューシーな肉汁が湯水のように溢れ出す。

もはや、僕の美味メーターは振り切っていた。

 

しかし妻のハンバーグはここからさらに加速していった。

 

天井知らずの旨味の中から、とろーりチーズが顔を出す。

もう、たまりません。

ご飯が進む進む進む。

 

そして、バターの深みが広がるオニオンスープは、ハンバーグとの相性抜群。

先日、僕の実家から貰って以降ハマっているめかぶも、妻が一生懸命刻んでくれて食卓へ。

 

そんな素敵な晩餐の最後を締めくくったのは、意外な存在。

妻が以前購入したトリュフ塩をハンバーグにかけたところ、その美味しさは飛躍的に倍増。

ただでさえハイレベルな味わいが、もはやその姿が見えないほどに高みへ登っていった。

 

もし、妻が作ってくれた夕ご飯の匂いだけでメニューを当てる「夕飯ドン」があったらとしたら、僕は誰よりも先に答えられる自信が溢れ出るほど、ゆっくりたっぷりと堪能した。

 

それにしても、イントロドン楽しかったなぁ…。

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

 

・まとめの一言

美味しかった。