3/19(木)夕ご飯 アヒージョ ホタテ

3/19(木)夕ご飯 アヒージョ ホタテ

いつもより早く仕事を終えた妻と、夕ご飯について悩む。

明日は休みだが、お酒を飲みたい欲も、食べたいものも見つからない。

僕たちにしては珍しい休前日だ。

しかし、生きていく為には何かを食べなくてはならない。

そんな時、僕の脳は「妻におまかせ※」モードに突入する。

いいかげんにせんかい※と言われてしまうかもしれないが、妻に任せれば間違いないことは、誰であろうこの「妻飯」が証明してくれる。

こ洒落たフレンチ料理店に入ってしまったのかな?

念の為、外の表札を確認したところ、間違いなく僕たちの苗字が書かれていたので安堵を覚えた。

それと同時に、このお洒落な料理が家に出現していることに驚きを隠せない。

海老、アスパラ、アボカド、トマト。

スーパーで買ったのはこれだけだ。

あとは家にあるものでこれを作り上げた妻。

その創作力に拍手を送った後、パンをアヒージョにつけて口に運ぶ。

 

「美味しい………」

 

海老の旨味がギュッと詰まったアヒージョを、サクサクのパンに漬けて食べる喜びは、休前日という吉日を再確認させてくれる。

今になって気分が高揚してきた僕は、ふと思う。

「なぜ、急にテンションが上がったのか?」

答えは簡単だった。

 

ニンニク。

 

たくさんのニンニクがアヒージョには投入されていた。

これぞまさに休前日にしかできない荒技。

 

妻の作戦によりエンジンがかかった僕は、父の妹さんから頂いたホタテを頂くと、北の大地が生んだとびっきりの美味しさが体中を駆け巡った。

 

ホタテ大好きっ子の妻は「ありがとうございますありがとうございます…」と念仏を唱えるかの如く感謝を述べながら頂いていた。

 

ワッカモーレはチップスに乗せても良し、そのまま食べても良し。

ここにもたくさんのニンニクが使われていることにより、僕たちの気持ちは最高潮に。

  

トマトもチーズもいぶりがっこも、呼応するようにその美味しさをこれでもかと知らしめてくれる。

 

「あの鐘を鳴らすのはあなた」という名曲があるが、「休前日の鐘を鳴らすのは妻」ということが、今日分かった。

※突然の和田アキ子さん締めに思うかもしれませんが、上部の※で伏線を張っている為、お許しください。伏線の使い方、合ってます?

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。