3/19(木)お昼ご飯 ウインナー シチュースープ

3/19(木)お昼ご飯 ウインナー シチュースープ

この二日間、割と豪華なお昼ご飯が続いていた、

ステーキ丼、牛丼。

そうなってくると、次のお弁当のハードルはグンと高くなる。

 

ゴージャス感で言えば、ステーキ丼を上回るものは中々ない。

ガッツリ感で言えば、牛丼を上回るものは中々ない。

 

そんな窮地を救うのは、満を持してのガパオライスか?

ボリュームたっぷりサンドイッチか?

はたまた彗星のごとく現れたニューカマーか?

 

妻は一体どんな手を打ってくるのだろう。

 

心躍らせながら、午前中を乗り切る。

わっぱ弁当の蓋を開く。

ウインナーと卵焼き。

ここにきての王道とは、さすがの妻。

サッカーのPKも成功率が一番高いのはど真ん中という話もあるが、お弁当も同じなのかもしれない。

しかし、ステーキ、牛丼の後のウインナー。

一見、荷が重いようにも見えなくもないが…。

ひとまずここは、ウインナーを頂こう。

 

「美味しい………」

 

ケチャップで味付けされたウインナーの美味しさが、五臓六腑に染み渡る。

大変申し訳ないが、こんなことを思ってしまった。

「ウインナーって…こんなに美味しかった…?」

自分より背の小さかった幼馴染が、中学生になってから背が急激に伸びて、バスケ部のエースとかになって「たくや君ってなんかステキじゃない?」とかモテ始めた時のような不思議な焦り。

ウインナー一つでご飯がどんどん進んでしまう。

そんな焦りを取り戻そうと、口に運んだ卵焼き。

これがまあ、美味しいのなんの。

ウインナーと卵焼きとご飯が口いっぱいに広がるこの感じ。

今、僕の心はステーキ丼よりも、牛丼よりも、満たされているかもしれない。

 

さらに今朝、妻が作ってくれたシチュースープがこれまた絶品。

スプーンですくうと、シチューよりもサラサラしているがその味は濃厚。

朝の忙しい時間に作ったとは思えない凝縮された美味しさに、僕はますます満たされていく。

  

「お弁当に大事なのはメニューやない。腕と心や」

妻の気概を存分に味わえるこのお弁当には、どんなご馳走も敵わないはずだ。

 

ちなみに、僕の心の中の妻は関西弁ですが、妻は生粋の横浜人です。

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。