3/13(金)お昼ご飯 ドライカレー 豚汁

3/13(金)お昼ご飯 ドライカレー 豚汁

スーパーで買い物をしていると、ゴボウと大根が安いことを発見した妻。

その刹那、妻の中のコンピューターが始動。

僕が瞬きを終える前に、妻コンが導き出した答えは「豚汁」だった。

その刹那、僕の中のコンピューターが始動。

妻が大根をカートに入れる前に、僕コンが導き出した答えは「やったね」だった。

妻が親友のご家族から豚汁のレシピを教わって以降、その味は格段に飛躍している。

もちろん、元々の味もとんでもないハイスコアだったので、結果的には天文学的な美味しさということになる。

 

早速、今日の朝ご飯に豚汁は出てきた。

その味は、言うことなし。身も心も温かくしてくれるそれは、まだまだたくさん残っている。これを励みに午前中も頑張ろう。

豚汁を楽しみに、午前中を乗り切る。

やられた。

豚汁に気を取られていた僕は、妻の思惑を見逃していた。

まさかまさかのドライカレー。

一体いつこれを作ったのか?

ドライカレーってそんな簡単にできるものなのか?

様々な疑問が思い浮かぶが、まずはその味を確認すべく、ドライカレーを口に運ぶ。

 

「美味しい……………」

 

トマトベースのルーは、程よい酸味と旨味を兼ね備えている。

五穀米との相性もバッチリで、僕は幾度となく「美味しい……………」と呟いてしまう。

「これは本当に美味しい」

呟きだけでは収まらず、とうとう本格的に言葉を発するようになる。

 

「正直、ドライカレーってそこまで好きじゃなかったけど、これはトップランクに浮上してくるね」

「またこの色合いもいいよね。食欲をそそられるよ」

「トマトベースをチョイスするセンスがすごいよ」

 

無論、返答はない。

しかし、黙ってはいられない美味しさがそこにはあった。

 

ここでさらに際立つのが、豚汁だ。

ドライカレーに負けず劣らずの豚汁の旨味が、僕のお昼ご飯をさらなる高みに連れていってくれる。

 

手を替え品を替え、僕を喜ばせてくれる妻の姿勢には頭が上がらない。

もし僕がゴボウと大根が安いことを発見したら、どんな料理が思いつくだろう。

 

……一旦クラシル開こう。

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。