3/8(日)夕ご飯 ローストビーフ ボンゴレビアンコ

3/8(日)夕ご飯 ローストビーフ ボンゴレビアンコ

出張を終え、玄関のドアを開ける直前「幸せだなあ」と、ふと思った

可笑しなタイミングではあるが、やはり妻の待つ家に帰ることが、僕にとって何よりの幸せなのだろう。

「おかえり」

その声を聞いた途端、僕のスイッチは完全にオフとなった。

あとは、妻の料理を思いきり堪能するだけ。

「trattoria TSUMA」に入店してきたお客さんのような心持ちだ。

そして、そう思っていたのは、僕だけではなかった。

暇だったから作っちゃった」

暇を、こんなにも愛おしく活用する人を僕は知らない。

最初にこのメニュー表を見つけた時、どこかのフレンチ料理店から貰ってきた物だと思っていた。

大の大人を騙すほどの完成度。

このお店、なかなかやるな。

まずは本日のおすすめであるローストビーフを注文すると、そうなることが分かっていたかのように、すぐさまテーブルに現れた。

お肉をソースにつけ、ゆっくりと口に運ぶ。

美味しい………。

「幸せだなあ」

ここぞとばかりに僕は思う。

大好物であるローストビーフを、心ゆくまで味わえるのだ。

この時間を一秒でも無駄にはしまいと、目を瞑り、ただただその美味しさに集中る。

そこで際立つのが、グレービーソース。

お肉の旨味を引き立てる酸味とコクは、美味しいを通り越して感動すら覚えてしう。

ここのシェフ、只者ではない。

その思いが確信に変わったのは、ボンゴレビアンコを口に入れた瞬間だ。

あさりの出汁がパスタに絡み、ほどよい塩気が一気に広がる。

パスタの茹で加減も抜群な上に、最後に現れたのは、すべてを包み込むキノコの風味。

この最後の一押しが、ボンゴレビアンコの格を一気に上げる。

僕は今日、生で一番美味しいローストビーフとパスタに出会えることができ

しかし、シェフよ。安すぎやしないかい?

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。