2/26(水)お昼ご飯 サンドイッチ 野菜スープ

2/26(水)お昼ご飯 サンドイッチ 野菜スープ

家に、丸い椅子がある。

虚無僧が被っているような形の椅子なのだが、軽くて使い勝手良いので、これが何かと便利。

(妻の勧めで購入したのですが、購入前に「えー。これいる?」と僕が言っていたのは内緒にしてください)

腰を下ろせば、何十年来の友人のようにフィットする感覚。

あまりのフィット感に気分が高揚した僕は、その椅子の上でうつぶせになり、手と足をピンと伸ばし、アンパンマンのパトロールのような状態を楽しんでいた。

すると、横から聞こえたシャッター音。

もちろん発信源は妻だったのが、話はここから急展開を見せた。

妻は、撮った写真からパトロール状態の僕を切り取り、他の写真に合成し始めたのだ。

 

二月で一番笑いました。

  

画像に癒さながら、午前中を乗り切る。

先週から在宅勤務の日もあるのだが、そんな時でも妻はお昼ご飯を用意してくれている。

 

ボリューム満点のサンドイッチ。

ほっと休まる野菜スープ(ウインナー入り)。

 

気分が高揚した僕はパトロールに出ようとしたが、確実に平日の昼間に行うことではないので、まずはハムレタスを口に運んだ。

 

美味しい………。

 

今日は不定期に訪れる「何だか分からないけど、無性にお腹が空いているデー」だったので、最初の一口はそれはもう感動に値するものであった。

フレッシュなレタスとマイルドなハムは、まっすぐ僕に届く。

妻のように嘘がない味だからこそ、何口食べても衰えぬハムレタスの味わい。

これが四個もある。

 

お祭り騒ぎとはこのことだ。

 

僕は太鼓を打ち鳴らし、お次はたまごサンドに…。

 

いや、落ち着け僕。

 

ハムレタス四個に対して、たまごサンドは二個。

ここはもう一回ハムレタスを経由して、たまごサンドに向かおう。

 

「よし」

意識せずに漏れた言葉を最後に、僕はハムレタスとたまごサンドを堪能し始めた。

そして、サンドイッチと相性抜群だった野菜スープ。

サンドイッチを食べた後の、野菜スープの優しい深味。

頭を真っ白にして、その時間を楽しむ。

 

この組み合わせを考えた妻の創造力には頭が上がらない。

 

その代わりにと言っては何だが、これからは僕も各地をパトロールしよう。

 

妻ちゃん、編集よろしくです。 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。