2/20(木)夕ご飯 アジ ちらしずし

2/20(木)夕ご飯 アジ ちらしずし

朝、昼と和食が続いたが、僕の和食熱はまだまだ冷めることはない。

「今日の夕ご飯は何がいい?」

優しい妻の言葉。

いつもならば「うーん…。妻ちゃんは何食べたい?」と問いに問いを返すという
愚行をしてしまうところだが、今日は違う。

「魚」

渡哲也さんの「マグロ」に匹敵するほどのダンディな声で答える。

生か、焼きか、煮か。

僕はそこまで指定はしない。

正解は、いつも妻が導き出してくれる。

これこれこれこれこれ。

僕の中のこれこれトレインが発車した。

後付けではないが、間違いなく僕の心は焼き魚であった。

この圧倒的な「魚」感。

アジの身も、僕の熱も冷めないうちに口運ぶ。

 

美味しい………。

 

脂が乗ったアジの美味しさを味わえば、厳かに国歌が流れる。

メイドインジャパン。

もしかしたら我が家は、和風総本家なのかもしれない。

そう考える要因は、アジだけではない。

お味噌汁。

何度も飲んでも飽きることはない。

僕は普段、こんなに崇高なものを頂いていたのか。

お味噌汁の存在に、改めて感謝せざるを得ない。

 

そして、紹介が遅れました。

 

ちらしずしです。

 

まさかこのタイミングでちらしずれるとは。

ご飯もわざわざ酢飯にしてくれており、桜でんぶの甘味は頬が緩んでしかたない。

 

幸せだ…。

 

ふと視線を落とすと、明らかに以前よりも存在感を増しているお腹が目に入った。

 

わー…ショック…。

 

誠に申し訳ございませんでした。

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。