2/9(日)お昼ご飯 きつねうどん

2/9(日)お昼ご飯 きつねうどん

「こんな晴れた日は二人で 丘に登ろう」

B’z様の名曲「TIME」の歌詞通りの休日を、今日、達成することができた。

残念ながら港は見渡せないが、妻と一緒に見るこの景色はこれ以上ない絶景だ。

もちろん手ぶらではない。

世界的に有名なとあるカフェのモーニング(朝マック)を持参し、コーヒーを飲みながらゆっくりと時間が過ぎていくのを楽しむ。

途中、散歩するワンちゃんに死角から突然吠えられるなどのハプニングはあったが、幸せを噛みしめるには充分すぎる時間と場所であった。

 

そして、その足で買い物を済ませ帰宅。

ここで現れるのは休日のお馴染み、お昼ご飯どうするか問題。

 

少し遅めのブレックファースト(朝マック)だった為、お腹の空き具合もなんとも言えない。

 

しかし、僕には妻がいる。

 

意義なし。

かゆいところに手が届くというのは、まさにこのこと。

 

天ぷらうどんは重すぎる。

たぬきうどんはなんか違う。

素うどんだったらちょっと泣く。

 

「お腹は空いてるような空いてないような…あっさりしてるけど何かこう、良い感じのもの食べたいな」選手権、優勝。

 

妻に代わって、ウイニングうどんをすする。

 

美味しい………。

 

コシがある麺に、スープがしっかり加勢する。

白だしベースの味付けは、口当たりは優しく、尚かつ奥深い。

徐々にその良さが強くなるクレッシェンドな美味しさは、今日は休日という事を再認識させてくれる。

 

油揚げには個別で味付けしているので、そのまま食べても良し。うどんと一緒に食べても良し。

一手間加わることによって生まれる料理の奥行き。

妻はうどんの空間さえも、すべて掌握している。

 

さらに、こここにほうれん草とネギを投じる妻。さすがとしか言いようがない。

 

そして最後に黄身を割ってから食べるうどんとスープの美味たるや-。

  

ああ。

午後の部もいい休日になりそうだ。

 

ここからは特に予定は決まっていないが、妻おすすめの映画があったはず。

ポップコーンとジンジャーエールもあったはず。

  

これだけの理由があれば、太陽さんと青空さんも、引きこもる事を許してくれるだろう。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。