【夫飯】1/6(月)夕ご飯 みぞれ鍋

【夫飯】1/6(月)夕ご飯 みぞれ鍋

昨日に引き続き、妻が作ってくれるご飯のありがたみをより感じる為、己の料理を振り返ろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕は夏が好きだ。

 

照りつけるような日差し。

滴る汗。

キンキンのビール。

 

どの面から切り取っても夏は素晴らしい。

しかし、調理という面においては冬の方が好みかもしれない。

 

冬には鍋がある。

 

鍋さえあれば、献立に迷うことはない。

なんとも不甲斐ない理由だが、好きと言われて嫌になる人はいないはずなので冬も許してくれるだろう。

 

そんなレシピ難民がこの日に作ったのはみぞれ鍋。

いつもは味噌ベースの鍋を作ることが多い。それは妻が好きと言ってくれたからなのだが、さすがに毎日そればかりじゃあ、能がない。

 

ここで僕は考えた。

 

どうすれば妻みたいにお洒落かつ美味しい料理ができるのか。

そこで目に入ったのは、大根。

 

これだ。

「大根おろしを入れてみぞれ鍋。これっていい感じじゃない?いけるんじゃない?妻飯超えいけるんじゃない?」

盛り上がる気持ちとそびえ立つ大根。

僕は袖をめくり、大根を手に取り、勢いよくおろし始めた。

 

まあ結果的にそこがピークでしたね。

 

特に言うことはないまま食べ進める。

そんなクオリティにも関わらず、量は多い。

中途半端に残った鍋。

 

これを一体どう処理すべきか。

あっ。

そういえば電車の広告に「ごま油鍋」という文字が-

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は、ここから昨日の「【夫飯】1/7(火) 夕ご飯 ごま油鍋」に繋がるというスターウォーズ形式です。

 

妻に感謝し、完食。お粗末様でした。

・まとめの一言

大根は優しくおろせよ。