1/21(火)お昼ご飯 ガパオライス

1/21(火)お昼ご飯 ガパオライス

Twitter版の妻飯を開くと「今日はTwitter記念日です」との通知が入っていた。

去年の今日、僕は妻飯を始めたのだ。

あれから一年。

歴の浅い綾小路きみまろみたいになってしまったが、一年間継続できたことは何とも感慨深い。

当初は妻に内緒で書籍化のみを目指していたが、「これは結婚式に使えるのではないか…?」と結婚式でのサプライズに変更。

目を瞑れば昨日のことのように思い出せるが、やっぱり目で確認した方がよいのでこちらをどうぞ

しかし、勘違いしてはいけない。

妻飯をアップしていた僕が凄いのではなく、一年間作り続けた妻が凄いのだ。

妻がお弁当や料理を作ってくれたからこの一年がある。

0から1を作る才能があるのは、妻だ。

その1を出来るだけ大きくするのが僕の仕事だと勝手に思っている。

1を3くらいにしか出来ていない気もするが、何よりも継続することが大切。
これからもよろしくお願いします。

ちなみに最初の投稿は



拝啓、一年前の僕へ。


お弁当の向き逆だよ。


一年前を思い返しながら、午前中を乗り切る。

わっぱ弁当の蓋を開ける。

妻飯一年記念日に、ガパオライス。

節目の日に相応しいメニューだ。

もちろん妻はそんなことは考えていないだろう。

しかしながら意図せずとも、僕が喜ぶ結果に。

笑みを隠せないままにガパオライスに喰らいつく。

 

うめぇ………。

 

一年前の僕は、ガパオライスの存在など頭の片隅にもなかった。

しかし今ではど真ん中にガパオがいる。

 

初めて食べたあの日から今日まで、その味に感嘆の声をあげない日はなかった。

鶏ひき肉とピーマンの合わせ技にしてやられ、エスニックかつスパイシーな味付けに追い打ちをかけられる。

そして最後には目玉焼き。

 

「うめぇ………」

 

間違いなく妻は、この先幾度となく「うめぇ………」を引き出してくれるだろう。

 

もう一つ自信を持って言えるのは、今日の夜も「美味しい………」と言えるだろう。

  

家に帰れば、妻が夕ご飯を用意して待ってくれているのだ。

(続く)

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。