1/5(日)夕ご飯 カレー

1/5(日)夕ご飯 カレー

休日を家で過ごすと何が素晴らしいって、朝も昼も夜も、妻の料理が食べられることだ。

じっと待つことは苦手な僕だが、妻の夕ご飯が食べられるのであれば話は別だ。

ただひたすら、修行僧のようにじっと待つ。

目を瞑り、待つ。

果てしない暗闇の先に光芒が見えた瞬間、その時はやってきた。

何の権限もないが、フードマイスターの資格を妻に授けます。

見るからに美味しそうな品々を前に、もう我慢ならないとスプーンを手に取る。

そしてカレー皿の位置を整え、口に運ぶ。

 

美味しい………。

 

今回のカレーは、骨付きの鶏肉が仕込まれている。

そこから出る旨味と言ったらもう…。

以前の牛すじカレーも圧巻だったが、今回の美味しさもまた、カレーの奥深さを改めて感じさせるほどの説得力。

そんな中、特に心奪われたのが、じゃがいもだ。

絶妙なホクホク具合やじゃがいも独特の甘味を喰らってしまったら、瞬く間にじゃがいもの虜になってしまう。

そして、じゃがいもが使われているのはカレーだけではない。

 

チヂミ。

 

記憶に新しい大晦日の「そば処 あんどう」さん。

そこで女将さんに教えてもらったじゃがいものチヂミを、早速登場させる妻のスピーディーさよ。

もちろん味も、文句なし。

これは我が家の鉄板料理になるだろう。

それとは別に、「そば処 あんどう」にも行かせて頂きます。

 

白菜のサラダも、ひじきも、僕の実家から貰った焼き豚も、どれも美味しく「明日からまた頑張ろう」と僕を鼓舞してくれる。

 

朝昼夜と全てを食べ終え、大きな満足を得た僕が考えることはただ一つ。

 

「明日の夕ご飯は何にしよう…」

  

プレッシャー…。

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。