2020年1月

1/4ページ

1/31(金)お昼ご飯 イカチリ 野菜スープ

  • 2020.01.31

朝起きて最初に聞こえてきたのは妻の声だった。 「ごめん。今日お弁当なくてもいい?」 もちろん何の問題もない。たまには休むことも大切だ。 しかし、台所の上にはわっぱ弁当が用意されている。 不思議そうに見つめていると、察した妻が事情を説明してくれた。 「エビチリならぬイカチリを作ってみたんだけど失敗しちゃって…」 前言撤回。 僕はそのお弁当を持っていくことを、強く表明。 「いやいや!本当美味しくないか […]

1/30(木)お昼ご飯 サンドイッチ オニオンスープ

  • 2020.01.30

今日は会議の為、妻がいつもより早く先に出発してしまった。 この寂しさに慣れることはないが、それと同等の問題も発生してしまった。 「通勤時いつも二人ですれ違う方々への挨拶問題」だ。 「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」みたいな長タイトルになってしまったが、これが中々難しい。 会釈程度の関係であれば良いのだが、問題が起きたのはワンちゃんを散歩している優しいご婦人。 妻と一緒の際はワンちゃんが […]

1/29(水)お昼ご飯 鮭弁

  • 2020.01.29

昨日の夕方、小雨になったタイミングを見逃さずに街へ出た。 キッチンペーパーと布団叩きを買いに行くという任務が僕にはある。 ただ、それだけ買って帰ってしまうのは少し物足りない。 妻が喜ぶ物を買って帰ろうと考えた結果、タピオカ屋さんへと足を運んだ。 何となく決めてしまったが、人生初のソロタピオカ屋。 いつもは妻が横にいてくれるが、今日はいない。学生さんの列に並ぶ、今年三十路のヒゲメガネ。 事の重大さに […]

1/28(火)お昼ご飯 プルコギ

  • 2020.01.28

晴れ渡る青い空。 太陽も僕の休日を祝福するように燦々と輝いてる。 「おいおい。気持ちは嬉しいけどもうちょっと落ち着けって」 サングラスから太陽へ視線を送ると、照れくさそうに笑ってくれた。 おっと、ごめんなさい。休日は行きつけのカフェでエスプレッソを飲みながら、太陽とコミュニケーションを取ることが僕のルーティーンなんです。 さてさて。今日はここからどうしようか。 妻のためにヴィンテージワインでも買い […]

1/27(月)お昼ご飯 そぼろ弁当 豚汁

  • 2020.01.27

クリスマスプレゼントに「革の名刺入れ」を貰ってからというもの、名刺交換が楽しみでしょうがない。 素敵な名刺入れから出てくる僕のプロフィールは何一つ成長していないが、妻からのプレゼントが日頃から活躍することで、より一層仕事に身が入る。 名刺交換のたびに「褒めろ…!この名刺入れを…褒めろ…!」と念じているが、未だにその機会は訪れていない。 もし、「革の名刺入れ、いいですね」なんて言ってくれる殿方が現れ […]

1/26(日)夕ご飯 豚の角煮

  • 2020.01.26

稚魚のような二日間を過ごしたからこそ、今日という日が映える。 今日は間違いなく妻の料理が食べられる。 その事実を抱えている僕の目は血走り、獣のように牙を剥いている。   いや、油断は禁物。 血走った目で獣のように牙を剥いていたら、おそらくお巡りさんに気付かれる。そしてトントン拍子で職務質問だ。 そんなことをしていたら妻の料理が食べられない。 出来るだけニコニコしておこう。   いや、油断は禁物。 […]

【夫飯】1/6(月)夕ご飯 みぞれ鍋

  • 2020.01.25

昨日に引き続き、妻が作ってくれるご飯のありがたみをより感じる為、己の料理を振り返ろう。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 僕は夏が好きだ。   照りつけるような日差し。 滴る汗。 キンキンのビール。   どの面から切り取っても夏は素晴らしい。 しかし、調理という面においては冬の方が好みかもしれない。   冬には鍋がある。   鍋さえあれば、献立に迷うことはない。 なんとも不甲斐ない理由だが、好きと言わ […]

【夫飯】1/7(火) 夕ご飯 ごま油鍋

  • 2020.01.24

諸事情により、今日明日と妻のお弁当が食べれられない。 悲しみを抑えられずにいるが、こんな時にこそできることがあるはずだ。 そう、己の料理を振り返ろう。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 何はなくても毎朝見てしまうのが、電車の中の広告。 「電車の中に広告出したら、みんな見るんじゃないですか?」 最初にそう言い出した人はとんでもない切れ者なのだろう。 漏れなく僕もその思惑に嵌った内の一人だ。   ドアに貼 […]

1/23(木)お昼ご飯 おにぎり

  • 2020.01.23

日帰り出張の朝は、とても早い。 しかし妻は僕に合わせて早起きしてくれて、朝ご飯まで用意してくれる。 毎度のことながらなんてありがたいお話なのか。   妻の声で目覚め、妻が作ってくれた朝ごはんを食べ、妻の見送りで家を発つ。   妻詰め合わせセットを頂いたからには、やる気と根性むき出しで働かねばならぬ。 その意気込みや良し、と言いたいところだが、その姿勢も長時間継続させるのは難しい。 そんな時に必要な […]

1/22(水)お昼ご飯 天丼

  • 2020.01.22

今更ながらゴールデンボンバーにハマっている。 お客さんを楽しませようとする姿勢。メンバーの人柄。そして楽曲の良さ。 そのすべてに心奪われてしまい、ゴールデンボンバーの動画や情報を夜遅くまで漁る日々に。(夜更かしごめんなさい) 昔から僕は好きな物が見つかると、とことん知りたくなってしまう。 そこで、妻がまだ妻ではない時のことを思い出した。 妻に惹かれれば惹かれるほど、妻のことを知りたくなる。 しかし […]

1 4