12/23(月)お昼ご飯 ビビンバ

12/23(月)お昼ご飯 ビビンバ

今日お休みの妻。

昨晩から「明日のお弁当は新しいメニューにするね」と気合い満点。

その心意気だけでも嬉しいが、新しいメニューは一体何か。

そんなことを考える時間は、妻飯ファンの僕にとって至福の時だ。

しかし、めぼしい候補が見つからないまま床に就き、翌朝目覚めると妻はお弁当を包んでいた。

「あっ。匂いで分かっちゃった?」

不安そうな妻の声が聞こえる。

僕はゆっくりと首を横に振る。

「僕の鼻はそこまで繊細じゃないから安心して」

そう言いかけたが、安心よりも落胆されそうな気がしたのでグッと堪えた。

しかし妻は、一つのヒントを与えてくれた。

「匂いで分かっちゃった?」

この言葉から察するに、独特な匂いを発するメニューなのだろう。

そこに該当するメニューと言えば…。

いっぱいあるなぁ…。

 

見当もつかないまま、午前中を乗り切る。

わっぱ弁当の蓋を開ける。

ビビンバ!

驚きの新メンバーに、僕はこの言葉を送りたい。

ビバ!

お昼ご飯にビビンバが食べられるなんて、まさに万々歳だ。

お肉、野菜、卵。

贅沢なまでにたくさん詰められた品々を見て、僕はたまらず喰らいつく。

 

うっめぇ………。

 

具材に気を取られてしまったが、今回圧巻なのはご飯だ。

お肉や野菜だけでなく、ピリ辛かつ深味のある味付けがしっかりご飯にもされている。

極端な事を言ってしまえば、ご飯だけ食べても「ビビンバ」と感じられる。

もちろん、ご飯だけ食べるなんて真似はしない。

お肉と野菜とご飯、そして卵を雪崩のようにかき込む。

 

はぁ………。

 

この美味しさは、間違いなく妻飯ランキング上位に食い込んでくる。

賞レースでは順番が大事と言うが、その点ではビビンバのタイミングは抜群と言えるだろう。

12月も下旬の今、彗星の如く現れたニューカマー。

群雄割拠の妻飯戦国時代。

令和最初の王者となるのは、一体どのメニューか。

 

投票、お待ちしております。

 

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。