11/26(火)お昼ご飯 すき焼き丼

11/26(火)お昼ご飯 すき焼き丼

昨日のブログでも書かせて頂いたのですが(http://tsumameshi0225.com/2019/11/23/post-879/
北欧の腕時計会社「Nordgreen」様とコラボさせて頂きました。

人生の大半を半袖半ズボンで過ごしていた幼き頃の僕に教えてあげたい。

「大人になったら、北欧のオシャレ会社「Nordgreen」とコラボできるぞ」

あともう一つ教えてあげたい。

「半袖半ズボンで過ごす事にプライド持ってるみたいだけど、本当に意味ないぞ」

とにもかくにも、妻がとても喜んでくれたので、僕はそれ以上に大きな喜びを得ることができた。

喜びの要因の一つとして挙げられるのが、「妻のモデルデビュー」だ。

ブログで実際に時計を着用している写真は、二人で協力して撮ったものなのだが、
妻を撮る時の楽しさったるや、それはもう…。

今まで色んな夢を思い描いてきたが、この年にして「カメラマン」という職業の素晴らしさに気付かされた。

妻と時計が醸し出す雰囲気だけでも、ご覧になって頂けたら幸いです。

ちなみに僕の写真は5分弱程で切り上げました。

被写体の大切さを痛感しながら、午前中を乗り切る。

わっぱ弁当の蓋を開ける。

「明日のお弁当はもう決まってるんだ」

昨夜帰ってきた妻は、開口一番そう言った。

本当に知りたい訳ではないが、僕はこう言う。

「なになに」

お約束のように、妻がこう言う。

「内緒」

なんて美しい茶番。
脳裏にその景色を浮かべて、すき焼き丼に喰らいつく。

うめぇ………。

牛の旨味と野菜の甘味が、果てしなく広がる。その後から、濃厚かつ繊細な味付けが追いかけてくる。

これたまらんとご飯を頬張ると、牛丼で言うところの、つゆだく。

人から褒められすぎると「ちょっと勘弁してくださいよ〜」と困ってしまうことがあるが(僕はあんまない)まさに今は「ちょ勘」状態だ。

「美味しい」が脳でも口でも体でも溢れてしまい、思考は停止せざるを得ない。
そんな最中でも、本能が温泉卵を求める。

慎重に運搬し、慎重に黄身を割る。

広がる黄金色の景色に、僕は言葉を失う。

そんな最中でも、本能が温泉卵とすき焼き丼を求める。

その全てを口に運んだ僕は「美味しい」が大渋滞を起こし、機能停止に陥った。

そこで気が付く。

僕の本能はお弁当を求めていたのではない。「妻」を求めていたのだ。

黄金色に輝くイエローカードが、僕の目の前に現れた。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。