10/30(水)お昼ご飯 チャーハン

10/30(水)お昼ご飯 チャーハン

ロングヘアーからショートカットへ、大胆なイメージチェンジに大成功した妻。

その姿は、R&Bへ路線変更し更なる輝きを見せた安室奈美恵さんのよう。または、アキレス腱断裂を機に長距離砲となった門田博光選手のよう。

そして、そう感じているのは僕だけではなかった。

朝、いつものように妻と一緒に駅へ向かっていると、可愛いわんちゃんを散歩しているご婦人とすれ違った。

このお方とは週に2〜3回すれ違うのだが、とても感じが良く、僕たちは「素敵な方だね」とよく話していた。

今日もすれ違い様、微笑みを僕たちに届けてくれたのだが、微笑みは瞬く間に驚きの表情に変わった。

「髪の毛切られたんですね!」

ご婦人から妻へ向けられた言葉。

そしてその表情は、松島を眺める芭蕉のようであった。

会釈程度でしか関わりのなかったご婦人さえも唸らす妻のイメチェン。
ご婦人様、お声をかけて頂きありがとうございます。

そして大変言いづらいのですが…

僕も髪を切りました。

毛先を遊ばせながら、午前中を乗り切る。

わっぱ弁当の蓋を開ける。

虹?

そんな錯覚を覚えるほど、色鮮やかなお弁当。
一通り色味を楽しんだ後、僕は重大な事実に気が付く。

「チャーハンだ!」

自覚はないが、おそらく声は漏れていたはす。

以前もチャーハンは登場したことはあるが、その時はなんとなく予告されていた記憶がある。

しかし今日は全くのノーマーク。

死角からのチャーハン。

こんな僥倖は滅多にない。

ありがたく、チャーハンに喰らいつく。

うめぇ………。

妻が作るチャーハンを食べたら、他所では食べられなくなる。

自信を持ってそう言えるほどの完成度。

焦がし醤油の味付けは、食べれば食べるほどに癖になる。

このチャーハン、本当に美味しいんです。

突然皆さまへ訴えかけてしまうほど、僕はチャーハンの虜になっていく。
いや、厳密に言えば、妻のお弁当の虜だ。

ナスの煮浸しは、日が経つにつれてその旨味は増していく。

小さくカットされたオクラやトマト、ブロッコリーもナイスアクセント。

パワーアップを宣言してから、ますます存在感を増している妻のお弁当。

妻の髪は短くなったが、この勢いは当分カットされることはないだろう。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。