10/20(日)結婚式

10/20(日)結婚式

朝方は雲がかかっていた空も、式が近づくにつれ、「晴れ」と胸を張って言える空へ変わっていった。

これも妻の日頃の行いの良さなのか。

僕は自分の胸に手を当てて、妻への感謝の気持ちを再確認した。

そして式が始まる少し前、ドレス姿の妻とファースミートを行なった。
妻のドレスは完全シークレットだった為(僕のタキシードは妻チョイス。安心)ドレスを着た妻を見た瞬間、僕の辞書はこの言葉だけになってしまった。

「美しい」

青い空と海に映える妻のドレス姿に、これ以上言葉はいらないだろう。

たっぷりと妻に見惚れていると、何と妻は、僕に手紙を用意してくれていた。
式場へ向かう道中、「今日の結婚式は絶対泣かない。この感じならいけそう」と大口を叩いてた僕。

その誓いは、結婚式が始まる前にあっさりと反故されてしまった。

一度崩壊した涙腺は、もう戻らない。

お父さんとチャペルを歩く妻。お母さんにベールダウンをしてもらう妻。誓いの言葉を述べる妻。
その都度、涙を流す僕。いまだかつて、これほどまでに雑魚い新郎がいただろうか。

しかしそうも言ってられない。

「妻飯」公表の時は刻一刻と近づいている。

乾杯のご発声。友人のスピーチ。野次。

どれも完璧な仕上がりにより、温まる式場。
お色直しを終え、とうとう余興の時間が訪れた。

司会の方の流れるような進行により、今回作成したDVDが大画面に表示された。

状況が全く掴めずに慌てる妻を見て、僕の鼓動は高まっていく。

これまでの積み重ねが今、公表される。

手前味噌ですが言わせてください。

成功しました。

これも全て、温かく見守ってくださったご列席者の皆様、アマンダンブルー鎌倉のスタッフの皆様、「妻飯」をご覧になってくださっている皆様。そして、妻のおかげです。

妻への感謝の気持ちを表す為に始めた「妻飯」

それが結果として、妻だけでなく、たくさんの人へ感謝の気持ちを抱くことができた。

「妻飯」を始めて良かった。結婚式をして良かった。妻と結婚して良かった。

これにて僕の「妻飯」は、無事完結することが出来たのであった。

と言いたいところだが、全てを知った妻は「これからはもっと、より力をいれて、綺麗で美味しいお弁当を作るね」と言ってくれているので、明日からはまた、パワーアップした「妻飯」を再開させて頂きます。

これからも、よろしくお願いします。

・まとめの一言

結婚式するなら、アマンダンブルー鎌倉へ。