10/3(木)お昼ご飯 プルコギ丼

10/3(木)お昼ご飯 プルコギ丼

今日の僕は地の底まで落ちている。

そう。

明日から出張なのである。

一昨日昨日と打って変わって、この有り様。

無理やりプラス思考に考えれば、前回の出張は三泊四日に対し、今回は二泊三日。
一日短いぞ!

そしてこれを乗り切れば、11月まで出張はないのだ。
当分先だ!

やった!

……と、無理やりプラス思考に持っていってもこの程度。
では、自分の気持ちに正直になった場合はこちら。

出張嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ。

駄々をこねながら、午前中を乗り切る。

わっぱ弁当の蓋を開ける。

いつもそうだ。

落ち込んだ気持ちを慰めてくれるのは、妻のお弁当だ。


漆黒の心を明るく照らしてくれる、彩り鮮やかなお弁当。
数分前まで地の底にいた男とは思えない笑みを浮かべながら、プルコギ丼に喰らいつく。

うめぇ………。

牛の旨味、玉ねぎの甘味、パプリカの深味。
それぞれが、それぞれのエールを僕にくれる。

牛「たった二泊三日じゃないか!妻ちゃんの為に頑張れ!」
玉「無理せず、体調第一でのんびりやりましょうや」
パ「Hey!Cheer up, old boy!」

妻、みんな、本当にありがとう。

みんなのおかげで、今なら胸を張って元気よくこう言える。

出張嫌だ!

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。