9/25(水)お昼ご飯 ウィンナー

9/25(水)お昼ご飯 ウィンナー

先週の今頃、僕は失意のどん底にいた。

「出張の前日」というこの上ない絶望が、僕を包んでいたからだ。

そして今日、僕は有頂天にならせて頂いている。

「休日の前日」というこの上ない僥倖が、僕を包んでいるからだ。

結婚式の準備など、諸々やる事は溜まっているが、妻と一緒に過ごす休日である。

否が応でも気持ちはストップ高。

今日は鼻歌混じりで仕事をすることになるだろう。

実際は無音で、午前中を乗り切る。

わっぱ弁当の蓋を開ける。

あぁ。美しい。

海外の方は、女性を情熱的に褒めるというが、その気持ちがよく分かる。
僕は今、この煮えたぎる情熱をそのままこのお弁当にぶつけたい。

ふりかけのかかった美しいご飯。ケチャップソースの美しいウィンナー。優しく巻かれた美しい卵焼き。

そして、妻が大好きな美しいコロッケ。

それを作る美しい妻。

小汚い僕が、ウィンナーにかぶりつく。

美味しい……。

パリッとジューシーかつ、ケチャップソースの濃厚な味付けを堪能し、わんぱく坊主のようにご飯を貪る。

自然と笑みがこぼれる。

美味しい物を食べた時の笑顔は、昔とさほど変わらないはずだ。

矢継ぎ早に、卵焼きを口に運ぶ。

自然と笑みがこぼれる。

美味しい物を食べた時の笑顔は、昔とさほど変わらないはずだ(気に入ったのでもう一回使いました)

そして今日は、お互い早く終われば、レモンサワー会が開かれる。

休日の前夜に、妻と一緒に飲むレモンサワー。

うぃ〜。

どうやら僕は、想像しただけで酔っ払ってしまったようだ。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。