9/17(火)お昼ご飯 サンドイッチ

9/17(火)お昼ご飯 サンドイッチ

昨晩は、妻のご両親と僕たち四人で、お義母さんの誕生日をお祝いすることに。

とても楽しい時間を過ごす中、妻がお義母さんへ誕生日プレゼントを手渡す。

プレゼントは「手作りピアス」だ。

「手作りピアス」

もちろん、僕の人生で初めて耳にする単語である。

集合一時間前に、手芸屋さんへ行き、妻のセンスと手腕であっという間に手作りピアスが完成。
それを着けたお義母さんは輝きを増し、その光景を眺めるお義父さんもまた、煌びやかな表情を浮かべていた。

そういえば、僕の祖母からも、敬老の日のプレゼントのお礼の電話が来ていた。

あまり感情を露わにしない祖母が、電話口でも分かる程に喜びを伝えてくれていた。

そのプレゼントを選んだのも、妻。

つまるところ何が言いたいかというと、僕は何もしていないということだ。

ごめんなさい…。

己のプレゼントセンスの無さに絶望しながら、午前中を乗り切る。

風呂敷を開く。

昨日、買い物をしている時から予告されていたサンドイッチ。

その段階から、僕のランチタイムは輝き出していた。

まずは毎回恒例のおまけの一個から…いや、今日はおまけの二個になっている!
なんて素敵なサンドイッチサプライズ(同義語はジェットコースターラブ)

こういった仕掛けを絶やさない妻に、僕は尊敬の念を抱かざるを得ない。

まずはツナサンドから口に運ぶ。

美味しい………。

見た目はシンプルなツナサンド。しかし、そこに潜む奥深い味わいに、僕はただただ唸るしかない。

濃厚なツナに、フレッシュな玉ねぎ。

そしてその他諸々調味料との見事な調合により、噛むほどに「追い美味しい」が現れてくる。

「これを味わってしまったら、外でツナサンドが食べられなくなる」と今まで危惧していたが、案の定そうなりました。

続いて定番のハムレタス。

晴れの日も、曇りの日も、雨の日も、ハムレタスは僕は裏切らない。
優しいハムと元気なレタスが、僕の午後に活力を与えてくれる。

あと半日、頑張るぞ。

いつも、そう思わせてくれる妻のお弁当。

この感謝の気持ちを「手作りピアス」みたいなお洒落な物にして表したい。

手作りピアス的な…お洒落な…物…。
お洒落……?手作り…?
そうだ!妻が好きなビールを作ろう!

見当違いの意気込みを見せる僕の前に、酒造法が立ちはだかった。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。