8/27(火)お昼ご飯 サンドイッチ

8/27(火)お昼ご飯 サンドイッチ

今日は会議の為、妻は先に家を出た。
出発まで、一人で過ごす。

特にやることもないので、ぼーっとしていると眠気がゆっくりと襲ってきた。
そのまま身を委ねると、僕は夢を見始めた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

妻と二人で、バス停に立つ。
特に会話はないが、居心地は悪くない。
赤のラインが入ったバスに乗り、一番後ろに座る。
「今日夕ご飯何がいい?」
妻が僕に言う。
「スンドゥブがいいかな」
僕が答える。
「えー。私、スンドゥブ作ると、けっこうムラがあるからなぁ」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何この夢?

スンドゥブは作ってもらったことがないことを再確認しながら、午前中を乗り切る。

風呂敷を開ける。

8/6以来のサンドイッチ。

久しぶりということもあってか、僕の気持ちと胃袋は高揚を抑えられない。
まずは、ツナサンドにかぶりつく。

美味しい………。

ツナと玉ねぎ。このダブル主演が、空腹のお腹に感動を与えてくれる。
何故だか朝に見た、ブラッドピッドとディカプリオが初共演というニュースを思い出す。

この場合、どちらがツナで、どちらが玉ねぎだろう。

うーん……。ディカプリオが…ツナ……かなぁ…?

世界一無駄な時間を過ごした後、ハムレタスをほおばる。

はぁ…美味しい………。

この安定の味よ。
優しいハムに、シャキシャキレタス。これを見守る聖母妻。
美味しくない訳がない。

何の取り柄もない僕だが、ディカプリオやブラッドピッドに一つだけ勝っているところがある。

それは「妻の料理を食べられる」ということだ。
もし、ディカとブラに妻の料理を食べられてしまったら、僕はもうなす術がなくなる。

ディカプリオが来日している今、僕は密かに怯えている。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。