6/14(金)お昼ご飯 おにぎり

6/14(金)お昼ご飯 おにぎり

とうとう来てしまった出張の日。

今日から三日間、妻のお弁当が食べられない…と落胆する僕に待ち構えていたのは、妻のおにぎりだった。

「小腹が空いた時に食べてね」

その言葉と共に出されたそれは、光り輝いていた。

朝早く起きて、僕の為に握ってくれたおにぎり。

もちろん、おにぎりとは別に、朝ご飯も用意してくれている。

ありがとう。

いろんな言い回しや比喩を考えたが、やっぱりこれしかない。

ありがとう。

小腹どころか大腹が空いたお昼。

現地で用意されたお弁当を丁重にお断りし(一個では足りない大食漢の方が嬉しそうに食べてくれました)妻のおにぎりを頂く。

美味しい。

もちろん美味しいのだが、それ以上に妻の気持ちが身に染みる。

この為に早く起きてくれて。

この為にお米を炊いてくれて。

この為に握ってくれて。

遠く離れた場所でも、妻の温かさを感じる。

おにぎりってすごい。

いや、妻ってすごい。

そしてやっぱり思う。

はやく帰りたいよおおおおおおおおおおおおおおおお。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

あと二日で帰れる…。