6/1(土)お昼ご飯 豚バラ丼

6/1(土)お昼ご飯 豚バラ丼

今週の日曜日は、僕の母の誕生日。

そんな中、誰よりも気合いの入っている妻。

「プレゼント何にしようか?」

「外食がいいかな?」

「それともお家にご招待する?」

様々な案を提案して、母の誕生日を盛大に祝おうとしてくれている。

なんとも嬉しい話だ。

喜ぶ母の姿が容易に想像できる。

兄と僕、息子しかいない母にとっては、お義姉さん、そして妻の存在はとても大きいものだろう。

出来た奥様であり、出来た娘。

改めて思う。

ええ人と結婚したなあ。

妻と結婚できたことが、僕の人生において、最大の幸運だろう。

今までは運が悪い側の人間だったが、それを補って余るほどのビッグラッキー。

妻の家族、いや先祖代々全ての方々に感謝。

そして今日も、休みの僕の分までお弁当を用意してくれている妻に感謝。

わっぱ弁当の蓋を開ける。

豚豚豚豚豚豚。

圧倒的な豚肉の影響か、お腹が「ぶー」と鳴ったような気がした。

(※気のせいでした)

昨日と同じように喰らいつく。

うめえ……。

甘辛のタレが染み込んだ豚バラは、この世の全ての幸せを凝縮したような旨味を感じさせる。

一切れで、丼3杯はいける。

それくらい、ご飯との相性も抜群。

これまた昨日と同じように、玉ねぎがまた良い味を出している。

丼物の玉ねぎは、何故こんなにも美味しいのか。

今日、妻とディスカッションしよう。

そして、卵焼き。

いつもありがとう。

今日もお出汁が抜群に効いていて、目を閉じて咀嚼すれば、優しいお味が口の中を循環する。

ゆっくりとお弁当を堪能していると、時刻は1時前。

妻の仕事も、残り数時間。

後もう少しで妻に会えると思うと、心がハイになる。

僕は気持ちを落ち着かせるため、B’z をシャッフルで流す。

表示された曲名。

「ultra soul 2011」

ハイ!!!!!!!!

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。