5/9(木)お昼ご飯 親子丼

5/9(木)お昼ご飯 親子丼

今日の朝、ふと、こんなことが気になった。

「人生で、一番多い顔ってなんだろう?」

笑顔、寝顔、真顔、怒顔(造語)……。
色んな表情があるが、長い人生で、どの顔をしている時間が一番長いのだろう。

1日24時間。
睡眠時間が7時間だとすると、寝顔が一番長いか?
いや、仕事中は真面目な顔をせざるを得ないから、やっぱり真顔か?

一人で悩んでいてもしょうがないので、妻に聞いてみた。

「人生で、一番多い顔ってなんだと思う?」

「どういうこと?」

ですよね。

かくかくしかじか。

僕のどうでもいい質問を理解した妻が長考する。

そして、にんまりとした表情を浮かべ、僕を見る。

「私は仕事柄、笑っていることが多いから、笑顔だと思う」

眩しいほどの妻の笑顔を見て、僕は思う。

これからの人生、僕の目が一番多く見る光景は「妻の笑顔」であってほしいと。

妻の笑顔のおかげか、仕事が捗る。
あっという間にお昼の時間だ。

にんまりとした表情を浮かべ、わっぱ弁当の蓋を開ける。

「親子丼だ」

嬉しさのあまり、そう呟く。
誰にも聞こえない声で。

「親子丼 嬉しい」

脳内Twitterがそう呟く。
共感の声が多数ヒットする。

脳がバズる最中、僕は親子丼を口に運ぶ。

美味しい……。

和の味が染みた鶏むねは、いつものように柔らかく、噛めば噛むほどに幸せを感じる。
「和の鉄人」道場六三郎先生も納得してくれるはずだ。

程よく煮込まれた玉ねぎも、なくてはならない存在。
鶏肉、玉ねぎ、そして卵をご飯と一緒にかき込む。

これぞ至福。

ご飯にもタレが行き渡っていて、いくらでも食べられるような感覚に陥ってしまう。

そして妻の得意料理、ナスの煮びたし。
これもお義母さんから伝承された一品とのこと。
ということは、ハイクオリティ間違いなし。

食べても思う。間違いなし。

これからの人生、僕の舌が一番思う言葉はこれだろう。

「美味しい」

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言
美味しかった。