5/1(水)朝ご飯 特製スープ

5/1(水)朝ご飯 特製スープ

昨晩の素晴らしい宴の余韻が残る朝。

カーテンを開けると、予報されていなかった青空が僕らを見下ろしていた。

今日は僕の母と祖母がこちらに遊びに来るので、青空を確認して小躍りする妻。

妻が立てた計画は、まずは三渓園へ行き、お昼ご飯を食べた後、自宅でお茶をするという流れだ。

僕の家族のことを心の底から愛してくれている妻を、僕は心の底から愛している。

そんな愛しの妻が作ってくれた朝ご飯がこちら。

昨晩のアピゴロ()から出た煮汁を、スープに劇的チェンジ。

こういった活用方法に、僕はいつも唸らされる。

妻復活工場、お見事。

まずはそのまま頂く。

はぁ…。美味しい…。

野菜の旨味がギュッと凝縮され、尚且つ優しい口当たりは、爽やかな朝に相応しいと言わざるを得ない。

また、アンチョビの塩気も程よく効いていて、何度飲んでも飽きない味となっている。

続いて、パンをスープにつけて頂く。

あー、これはたまらない…。

想像してください。

ふわふわのパンに、旨味が凝縮されたスープが、これでもかと沁み渡る。

もうこれ以上、言葉はいらない。

ゆっくり朝ご飯を堪能していると、母と祖母が到着する時間が近づいてきた。

恐らく今日は僕よりも妻の顔を見に来るのだろう。

昨晩の、母との電話の締めくくりはこうだった。

「私も祖母も、妻さんに会えるのすごく楽しみにしてるよ」

僕は?

苦い笑みがこぼれたが、不思議と悪い気はしなかった。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。