4/9(火)朝ご飯 ピザトースト

4/9(火)朝ご飯 ピザトースト

久しぶりの平日休み。

僕だけでなく、妻もお休み。

こんなに素晴らしい日は何をしよう。

前夜から色々話し合う。

ジムに行く?

キャッチボールする?

買い物いく?

しかし、土日にかけてたくさん飲んでたくさん食べた体は正直だった。

二度寝。

これが僕たちの答えであった。

後悔を覚える反面、幸せそうに寝ている妻を見ると、たまにはこんな休日もいいのではないかと自らを甘やかしてしまう。

目を覚ますも、布団でグダグダと時間を過ごす。

身も心も寛いでいくのが分かる。

ふと外を見ると快晴。

視線を横に移すと、既に妻はいなくなっていた。

「こんなにいい天気なのに寝ていたらもったいない」

そこからの妻は疾風の如く、早かった。

洗濯機を回し、布団を干し、朝食の準備に取り掛かる。

僕もそれに食らいつき、洗濯物を干す。

全て干し終わると既に朝食は完成。

なんて素敵。

世界一の朝食は我が家にあった。

ピザトーストは妻が一から作り上げた作品。

ほどよいチーズとトマトソースがかかったトーストを齧れば、緑と白と赤の国旗が風になびく。

じょがいものキッシュは、こんがり焼かれたじゃがいもと塩が絶妙に入り混じり、僕の中のゲルマン魂が吠える。

そして妻が淹れてくれたコーヒーを飲めば、今日は休日なんだということを再認識させてくれる。思わずサンバのリズムを刻みたくなるほど、心が踊ってしまう。

さすが世界一の朝食。

こんな短時間で様々なカントリーを味合わせてくれる。

パスポートいらずの世界旅行。

妻はいつか、旅行会社に目をつけられてしまうかもしれない。

世界旅行を終え、妻とこれからの予定を話し合う。

今日は一体どんな素敵な休日になるのか。

その答えのカギは、妻が握っている。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。