4/2(火)お昼ご飯 牛丼

4/2(火)お昼ご飯 牛丼

出張の振替休日で休みとなった今日。

そうは言っても、妻は仕事で特に趣味もない僕。

楽しみは一つしかない。

妻のお弁当だ。

今回は予告弁当制が採用され、昨晩に妻から「牛丼」の登板が伝達された。

「牛丼」

なんて甘美な響き。

昨晩は高揚を抑えられず、羊ならぬ牛を数えて眠りについた。

朝、妻を駅まで送り、そのまま公営ジムへ向かう。

先週の日曜日、妻は朝一のジムで体を動かしたらとても爽快だったらしく、

僕もそれを見習い実行に移した。

体を動かしている最中も、考えるのは「牛丼」

わっぱ弁当を開ければ広がる夢の世界。

それを想像すればいつも以上の負荷でも耐えられる。

ワークアウト(筋トレ好きの友達から教わった言葉)を終え、

自転車で颯爽と家に向かう。

道中、今日の夕ご飯に使う春雨を購入。

昨晩、麻婆春雨のCMを見ていた妻が「これ食べたい」と言ったことから、

今日の夕ご飯に採用。

上手にできるかしら。

自宅に到着し、家の事を済ます。

そしてお昼。

深呼吸し、気持ちを落ち着かせてわっぱ弁当の蓋を開ける。

想像していた夢の世界がそこにはあった。

牛、牛、牛。

そして玉ねぎ。

そしていつもの両サイドバック(前回参照)にチーズまで。

二拝二拍手一礼でいただきますを伝える。

キン肉マンのように牛丼にがっつく。

今ならランドマークタワーでも持ち上げられそうな気がする。

味がしっかりと染み込んだ牛は柔らかく、煮込まれた玉ねぎとのコンビネーションは、キン肉マンとテリーマンのように冴え渡る。

ここで、あることに気が付く。

この牛丼はつゆだくだ。

生唾を飲み込み、僕は焼け野原にする勢いで牛丼をかきこむ。

屁のツッパリはいらんですよ。

今まで食べてきたどの牛丼よりも美味しく、気高い。

まさにキン肉マングレート。

そしてゆで卵にチーズという、

workout(筋トレ好きの友達から教わった言葉)を終えた体にぴったりのタンパク質のご褒美。

妻の為にも、たくさん食べてたくさん働いてたくさん体を動かして、

立派なキン肉マンになる事を深く深く誓う僕であった。

ちなみに今現在の僕はガリガリ腰痛マンです。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言

美味しかった。