3/29(金)お昼ご飯 油淋鶏

3/29(金)お昼ご飯 油淋鶏

昨日は仕事が早く終わり、いつもより早い時間に自宅に到着。
そして明日は妻の休日。

こういう時はどうするべきか。

今まで作ったことのない料理にチャレンジする。
これしかない。

せっかくの妻の休前日なので、少し手の込んだ物に挑戦しようと開いたクラシル。

冷蔵庫にある「鶏むね肉」で検索。

トップに出てきた「油淋鶏」

即決。

その後は悪戦苦闘し、なんとか完成。
結果は「美味しい」+「幸せ」のA評価。
※前日のブログ参照https://ameblo.jp/pomeranian0501/entry-12450194481.html

次回はSSS評価を…。

なので、油淋鶏については特になし。
強火を怖がるな。

ご飯を食べ終わると、わっぱ弁当に油淋鶏を詰め込む妻。
続けざまに、自分のお弁当にも油淋鶏を詰め込む。

妻の休日のお弁当に、僕の料理が採用される。

ジュノンボーイグランプリ受賞と同じくらいの喜びを感じる。おそらく。
妻が僕の料理を食べてくれる事もそうだが、これにより少しでも楽をしてもらえ
ると思うと、
積み重なる感謝の気持ちを少しでもお返しできたのかなと勝手に感じてしまう。

まだまだ返し足りないので、もっと頑張れ。

さあお昼ご飯だ、とわっぱ弁当を開こうとした瞬間、妻からのラインが。

「油淋鶏弁当さいこーーー」

食べる前からお腹いっぱいだ。

この喜びを誰かに伝えたい。
でも伝えられない。
居ても立っても居られずに、とりあえずオロオロする。

思いついた最善策は、この喜びをおかずにご飯を食べることだ。

最高のおかずに箸が止まらない。

妻は台所に立たなくてもおかずを作ってしまう。もはや魔法使いだ。
ツマーポッターと昼の飯。

素敵な妻がいてくれることに、大いなる喜びを覚える。

オロオロオロオロオロオロ。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言
美味しかった。