3/23(土)お昼ご飯 海苔弁当

3/23(土)お昼ご飯 海苔弁当

(ちょっと揺らしてしまいました。妻よ、ごめん)

今日は休日出勤となり、平日と同じように二人で出勤。
幸いなことに、お互い同じ時間の電車に乗れば、ちょうどいい出勤時間に出社することができる。
妻と歩いて駅に向かう。至福の時。

「昨日走ったの気持ちよかったね」

幸せを噛み締める僕に妻が問いかける。

とある目標を達成する為に、定期的に体を動かすことを決めた僕たち。

早速、昨日の夜から二人でランニングすることに。

5キロをおしゃべりしながら走るその時間は、程よい代謝と疲労で大きな達成感を得ることができた。

「これくらいなら続けられそうだね」

嬉しそうに汗を拭う妻を見て、遅く来た春、オソハルを感じずにはいられなかっ
た。

先にお風呂を上がった僕は、冷凍庫に保存していたササミと生姜焼き肉を塩コショウで炒める。
いつものように、お弁当用に多く作る。
緊急事態用に冷凍したがる妻だが、採用されると嬉しい。

なのでお肉については特になし。
ちょっとコショウが多かったぞ。

今日の主役は海苔とご飯とかつお節。これがたまらない。
一口でそのトリオを頬張れば、東京03のように絶妙な掛け合いを繰り広げてくれる。
妻のお弁当が単独公演を開いたら即完だろう。

電車の中で妻が問う。

「海苔が毎回しわしわになっちゃうんだけど大丈夫?」

「大丈夫だよ」

「えー、本当に?この前テレビでしわしわにならない方法やってたんだけどなあ」

そんなピンポイントでその内容が放送されたことも可笑しいのだが
それを真剣に見る妻を想像すると癒される。

お弁当一つに対しても色々考えてくれている妻に、鼻の奥がツンとなる。

妻よ、最高の海苔弁当でしたぞ。

いや、今日も最高のお弁当でしたぞ。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言
美味しかった。