3/17(日)お昼ご飯 焼きそば

3/17(日)お昼ご飯 焼きそば

昨晩のたこパは大盛況で終わり、2人で気持ちよく就寝。

その影響を受け、いつもより遅く起きた朝。

窓から差し込む光を見て、たまにはこんな休日も悪くないとしみじみ思う。

そう思えるのも、妻が隣にいるからだ。

妻の天使のような寝顔を見る。15分ほど。

いくらでも見ていられる。妻の寝顔を見て賃金がもらえる仕事をしたい。

そうこうしている内に妻起床。

寝顔が見られなくなり残念な気持ちと起きてきてくれて嬉しい気持ちのせめぎ合い。

結果、嬉しい。

起きるや否や、朝ご飯にフレンチトーストを作ってくれた。

本来であれば、写真を撮ってアップしたかったのだが、諸事情により断念。

プロジェクターが届いたのだ。

以前から、プロジェクターを使って映画を見たいと切に願っていた僕たち。

その為に、白くて大きい壁がある家に決めたにも関わらず、なぜか後回しになっていたプロジェクター。

それだけ、妻との生活が充実していたという証拠でもあるのだが、昨日ふと思い出し妻に相談。

行動派の妻は即ネットで調べ、即購入。

そして本日即到着。その迅速さに即仰天。

二人でワクワクしながら開封しセッティング開始。

そして僕がセッティングしている間に作ってくれた焼きそば。

見よこのジャイアント馬場ばりの王道感。

もうこれは確実に美味しい。

カラオケで盛り上がりたい時の「睡蓮花」くらい確実だ。

ここで妻は驚きの提案を持ちかける。

「紅生姜いる?」

なぜここに紅生姜?

聞けば、昨晩のたこパの残りだそうで、その時から今日のお昼の焼きそばに使おうと決めていたらしい。

なんて策士。レアルマドリードの監督はジダンではなく、妻が就任するべきだ。

紅生姜をたっぷり乗せ、勢いよく焼きそばを啜る。

学校が半日で終わった日のお昼ご飯。

海でたくさん遊んだ後の海の家。

たくさんある出店の中から選んだ夏祭り。

色んな思い出が走馬灯のように蘇る。

焼きそばはこんなにも、僕の人生に関わっていたのか。

そしてそのどの焼きそばよりも、今この瞬間の焼きそばが美味しい。

僕の中の焼そばランキングをごぼう抜きし、妻の焼きそばがトップに躍り出た。

これは一生更新されないだろう。アンタッチャブルレコードだ。

いや…もしかすると更新する者が現れるかもしれない。

それはいつか、コウノトリが運んできてくれるのだろう。

妻に感謝し完食。ごちそうさまでした

・まとめの一言。

セッティングもうちょっと待って。