3/15(金)お昼ご飯 生姜焼き

3/15(金)お昼ご飯 生姜焼き

月曜に続き、今週2回目の登場。

前々回は1ヶ月、前回は1週間、今回3日間。

だんだん登板間隔が短くなっている。もしかすると来週の月曜日も生姜焼きが登場か。

もしそうだったら…。

最高。

前回も記した通り、妻の生姜焼きはいつ何時食べても美味しい。

端的に言うと「ああああああああ!」ってなる。

そして同じ生姜焼きでも、ちょっとした変化が施されている。

それは、「丼」だ。

前回はおかずの一品として登場した生姜焼き。

しかし今回はご飯の上に降臨、これはれっきとした「生姜焼き丼」だ。

降臨なされた生姜焼きのタレがご飯とキャベツに染み込み、僕の体に栄養と癒しと幸福を施してくださる。

神に感謝し、十字架を切る。

いや、ここは二拝二拍手一拝するべきか。

ジンジャーなのだから。

そして声を大にしてお伝えしたいのが、控えめにいる人参だ。

これはただの人参ではない。

ぬか漬けだ。

妻は日頃からぬかを漬けており、食卓には度々登場している。

しかし、お弁当には初登場である。

ありがたく人参をかじると、ほのかに広がるぬかの風味。そしてシャキシャキと歯ごたえのある食感。

午前中の疲れが全てリセットされる。

妻のお弁当は、僕を決してぬか喜びさせない。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言。

美味しかった。