2/21(木)夕ご飯 ステーキ

2/21(木)夕ご飯 ステーキ

今日の夕飯も出張先のため外食なので特になし。

ああ…。やっぱり妻の手料理が恋しい。
アルバムを見て、寂しさを紛らわす。

誰もが一回は交わしたことのある会話。

「明日地球が滅びるとしたら、最後に何食べたい?」

僕は迷わずこう答えるだろう。

「ステーキ」

スーパーバカに聞こえるがしょうがない。
僕はステーキが大好きなのだ。

特に牛の赤身肉が大好きで、隙あらばかぶりつきたいと日々考えている。
もちろん妻もそれを分かっており、隙あらばかぶりつこうとする僕をセーブしてくれている。

そんな2/21。
妻は休日で、僕が仕事から帰ると既に夕飯が用意されていた。
その時の興奮をもう一度振り返りたいので、リプレイをどうぞ。

お腹がぐぅぅと鳴った。

リプレイをどうぞ。

お腹がぐぅぅと鳴った。
もはやパブロフの犬だ。

その日、妻は友人ととあるスーパーに立ち寄ったとのこと。
そこで牛の赤身が安く売っていたので、たまにはかぶりつかせるかと、わざわざ買ってくれたのだ。

毎度のことながら、何よりもその気遣いが嬉しいのだ。
愛という赤身肉に、思いやりという名のステーキソース。そして極めつけは【あ
ともう一個は思いつき次第更新します】

もちろんステーキだけでなく、五穀米も大根もベーコンサラダも、全てがハイセンス。いつか妻の家系図を辿りたい。確実にどこかにイタリア人がいるはずだ。

誰もが一回は交わしたことのある会話。

「明日地球が滅びるとしたら、最後に何食べたい?」

僕は迷わずこう答えるだろう。

「妻の手料理」

妻に感謝し、準備。お風呂入ってきます。

・まとめの一言。
やっと日曜だああああああああああ