2/24(日)朝ご飯 マフィン、キャベツとベーコンの炒め物

2/24(日)朝ご飯 マフィン、キャベツとベーコンの炒め物

日曜日は二人の休日。朝起きて、妻が無防備に寝ている姿を見ると、もう春が来たのかな?と錯覚するほど心の中の桜が満開になる。

普段は滅多に見られない妻の姿に幸せを感じながら、改めて感謝の気持ちを思い出す。

起きて早速、「朝ご飯、マフィンでいい?」と妻。「ありがとう」と僕。

先日、友人とコストコに行き、たくさんの戦利品を持ち帰ってきた妻。

特にマフィンがお好みらしく、持って帰ってきた夜は僕にマフィンの美味しさを熱く語っていた。可愛い。

切って出すだけかと思いきや、グリルを温め始めた。

「多分、ちょっと温めたほうが美味しい。」

多分、合ってる。

というよりも、味どうこうではなく、一手間かけてくれることが嬉しいのだ。

一手間かけない成功よりも、一手間かけた失敗の方が僕は嬉しい。

しかし妻は、一手間かけた成功を導き出す。

ほどよく温まったマフィンはしっとりとしていて、 朝の冷えた体を癒してくれる。

チョコマフィンはチョコチップがとろけ、口に入れるたびにその存在を探してしまう。

キャベツとベーコンの炒め物は、塩加減が絶妙で、マフィンでスウィートになった口内を中和してくれる。

まさに糖塩和親条約だ。

妻に感謝し、完食。ごちそうさまでした。

※食べ終わった皿を撮ろうとしたら、「え…?なんか視えてるの…?」と怪しまれたので断念。ちくしょう。

まとめの一言

・美味しかった。