2/22(金)お昼ご飯 豚丼

2/22(金)お昼ご飯 豚丼

朝、妻がお弁当を作ってくれている時、僕は台所に近づかない。それは妻の要望である。

「開けた瞬間に感動してもらえるようなお弁当を作りたい」

その言葉通り、僕は今日も感動を覚える。
男子ならこれを見た瞬間にドーパミンがスピード違反になるほどの、肉、肉、肉。

「豚のこま切れ買っておいたよ」昨夜の妻の一言は伏線だったのだ。

お弁当界の内田けんじ監督と呼ばざるを得ない。

ふと気が付くと、僕はそれを一心不乱にかきこんでいた。

本能が僕を動かす。


隅々まで染みわたっている味付けは、恐らく昨夜から仕込んでいたのだろう。脱帽。

その味付けは豚肉だけでなく、玉ねぎ、雑穀米にまで拡散し、僕の口の中でバズっていた。

ゆで卵は正確無比な茹で加減で、TSO(トマトはさすがOKストア)

妻に感謝し完食。ごちそうさまでした。

・まとめの一言
美味しかった。